○豊岡市出石伝統的建造物群保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例

平成20年3月27日

条例第13号

(趣旨)

第1条 この条例は、建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第85条の3の規定に基づき、豊岡市伝統的建造物群保存地区保存条例(平成18年豊岡市条例第67号。以下「保存条例」という。)において定められた現状変更の規制及び保存のための措置を確保するため、豊岡市出石伝統的建造物群保存地区(以下「保存地区」という。)内における法による制限の緩和に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この条例における用語は、法、建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)及び保存条例の定めるところによる。

(道路内の建築制限の緩和)

第3条 保存地区内における伝統的建造物群を構成している建築物その他の工作物(保存条例第3条の規定により定められた保存計画で規定する建築物その他の工作物をいう。以下「伝統的建造物」という。)の建築、大規模の修繕又は大規模の模様替(以下「建築等」という。)をする場合において、建築等を行ったときの伝統的建造物の壁面(軒、ひさしその他これらに類するものを含む。)の位置が、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)における当該伝統的建造物の壁面の位置から道路の側に超えないときは、法第44条第1項本文の規定は適用しない。

(建築面積の敷地面積に対する割合の制限の緩和)

第4条 伝統的建造物について建築等をする場合において、建築等を行ったときの当該伝統的建造物の建築面積の敷地面積に対する割合が、施行日における当該伝統的建造物の建築面積の敷地面積に対する割合を超えず、かつ、市長が安全上、防火上支障がないと認めた場合は、法第53条の規定は適用しない。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

豊岡市出石伝統的建造物群保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例

平成20年3月27日 条例第13号

(平成20年3月27日施行)

体系情報
第9編 設/第2章 都市計画・公園
沿革情報
平成20年3月27日 条例第13号