○豊岡市営駐車場条例

平成17年4月1日

条例第148号

(設置)

第1条 市民及び観光客の利用に供するため、豊岡市営駐車場(以下「駐車場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 駐車場の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(供用時間等)

第3条 駐車場の供用時間及び自動車等を入場させ、又は退場させることのできる時間(以下「入退場時間」という。)は、次のとおりとする。

(1) 供用時間 終日とする。

(2) 入退場時間 別表第2に定める時間とする。ただし、市長は、特に必要があると認めるときは、その時間を変更することができる。

(定義)

第4条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 原動機付自転車 道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第10号に規定する原動機付自転車をいう。

(2) 自動二輪車 道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第2条の表に規定する大型自動二輪車及び普通自動二輪車をいう。

(3) 普通自動車 道路交通法施行規則第2条の表に規定する普通自動車及び小型特殊自動車をいう。

(4) 準中型自動車 道路交通法施行規則第2条の表に規定する準中型自動車をいう。

(5) 中型自動車 道路交通法施行規則第2条の表に規定する中型自動車をいう。

(6) 大型自動車 道路交通法施行規則第2条の表に規定する大型自動車をいう。

(供用の休止)

第5条 市長は、積雪、駐車場の修理その他の理由により必要があると認めるときは、駐車場の全部又は一部の供用を休止することができる。

(駐車の制限等)

第6条 駐車場に駐車できる自動車等(以下「車両」という。)の種類は、別表第2のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認める場合は、この限りでない。

2 市長は、次の各号のいずれかに該当するものに対し、駐車場への入場を拒絶し、又は駐車場からの退場を命ずることができる。

(1) 車両に損害を及ぼすおそれがある物品を積載したもの

(2) 駐車場の施設若しくは設備を汚損し、損傷し、又は滅失させるおそれがあるもの

(3) 区画線を越える荷物を積載しているもの

(4) 前3号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれのあるもの

3 市長は、出石振興局に用務のために来庁した者(豊岡市立図書館出石分館等の利用者及び市の職員を含む。以下同じ。)の利用に支障があると認めるときは、これらの者以外の者による出石庁舎南側駐車場の利用を制限することができる。

(行為の禁止)

第7条 駐車場では、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 係員の指示に従わないで車両を駐車すること。

(2) 施設、設備又は車両を汚損し、又は損傷すること。

(3) ごみを捨て、みだりに騒音を発し、又は指定の場所以外で火気を使用すること。

(4) 市長の許可を受けないで、物品の販売その他の商行為をすること。

(5) 市長の許可を受けないで、印刷物、ポスター等を掲示し、又は配布すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(駐車料金等)

第8条 駐車場の駐車料金(以下「料金」という。)は、別表第2のとおりとする。

2 別表第2に定める定期駐車券の発行に当たっては、駐車の場所を特定し、又は優先して駐車することができる旨を特約することはできない。

3 定期駐車券を使用する者は、その定期駐車券を他人に譲渡してはならない。

4 市長は、必要があると認めるときは、料金の支払に代わる駐車券を発行することができる。この場合における当該駐車券の額は1枚につき100円とする。

(料金の徴収)

第9条 市長は、駐車場において、入退場時間内に自動車等を入場させ、又は退場させる際に料金を徴収する。ただし、別表第2に定める定期駐車券及び前条第4項に定める駐車券に係る料金は、その発行の際に徴収する。

2 前項の規定にかかわらず、豊岡市役所又は各振興局に用務のために来庁した者が別表第2に掲げる駐車場を利用したときは、当該利用に係る料金は、徴収しない。

3 第1項の規定にかかわらず、市長は、夜間又は早朝に自動車等を入場させ、又は退場させる場合その他の規則で定める場合においては、料金を徴収しないことができる。

(料金の減免)

第10条 市長は、特に必要があると認める場合は、料金を減額し、又は免除することができる。

(料金の不還付)

第11条 料金で既に納めたものは、還付しない。ただし、市長は、第5条又は次条による措置をしたときには、申請によりその全部又は一部を還付することができる。

(目的外使用)

第12条 市長は、公益上特に必要があると認めるときは、駐車場の全部又は一部を目的外に使用することができる。

(市の免責)

第13条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、その損害の責めを負わない。

(1) 天災その他不可抗力により車両が汚損し、損傷し、又は滅失したとき。

(2) 事故防止のため駐車場を休止した場合において、既に駐車中の車両で退避の要請をしたにもかかわらず、指定の時間内に退避しなかった車両が汚損し、損傷し、又は滅失したとき。

(損害の賠償)

第14条 駐車場を汚損し、損傷し、又は滅失させた者は、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、市長は、特別の事情があると認めるときは、その賠償額を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による管理)

第15条 市長は、駐車場の管理運営上必要があると認めるときは、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に駐車場の管理を行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に駐車場の管理を行わせる場合の当該指定管理者が行う業務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 駐車場の利用及びその制限に関する業務

(2) 駐車場の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が定める業務

3 第1項の規定により指定管理者に駐車場の管理を行わせる場合において、第3条第2号第5条から第7条まで及び第13条の規定の適用については、第3条第2号中「市長は、特に必要があると認めるときは」とあるのは「指定管理者は、特に必要があると認めるときは市長の承認を得て」と、第5条中「市長」とあるのは「指定管理者」と、第6条第1項中「市長が特に必要があると認める場合は」とあるのは「指定管理者が特に必要があると認め市長の承認を得た場合は」と、第6条第2項及び第3項並びに第7条中「市長」とあるのは「指定管理者」と、第13条の見出し中「市の免責」とあるのは「市及び指定管理者の免責」と、同条中「市長」とあるのは「市長及び指定管理者」とする。

(利用料金)

第16条 前条第1項の規定により指定管理者に駐車場の管理を行わせる場合において、市長が適当と認めるときは、指定管理者に駐車場の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を指定管理者の収入として収受させることができる。

2 第8条から第11条までの規定にかかわらず、前項の規定により料金を指定管理者に収受させる場合においては、別表第2に掲げる駐車場に駐車しようとする者は、同表に定める額の範囲内においてあらかじめ市長の承認を得て指定管理者が定める額の利用料金を指定管理者に支払わなければならない。この場合において、指定管理者は、規則で定める場合のほか、市長の承認を得て定める基準に基づき、利用料金を減額し、若しくは免除し、又はその全部若しくは一部を還付することができる。

3 第1項の規定により利用料金を指定管理者に収受させる場合において、別表第2の規定の適用については、同表駐車場の名称の項中「駐車料金」とあるのは、「利用料金の限度額」とする。

4 市長は、第2項の承認をしたときは、その旨及び当該利用料金の額を告示するものとする。

(委任)

第17条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(罰則)

第18条 詐欺その他不正の行為により料金の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の豊岡市立路外駐車場条例(昭和45年豊岡市条例第39号)、豊岡市役所前駐車場条例(平成2年豊岡市条例第20号)、豊岡市立駅前駐車場条例(平成4年豊岡市条例第25号)、城崎町営駐車場の設置及び管理に関する条例(平成12年城崎町条例第10号)、江原駅周辺駐車場の設置及び管理に関する条例(昭和61年日高町条例第7号)、又は出石町営駐車場の設置及び管理に関する条例(平成10年出石町条例第2号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成17年6月30日条例第227号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年12月27日条例第260号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年6月28日条例第43号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から起算して3月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成18年規則第73号で平成18年9月1日から施行)

附 則(平成20年12月22日条例第52号)

この条例は、平成21年1月1日から施行する。

附 則(平成22年12月20日条例第42号)

(施行期日)

1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の豊岡市営駐車場条例別表第2の規定は、この条例の施行の日以後の入場に係る使用料について適用し、同日前の入場に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成23年12月20日条例第40号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年6月27日条例第35号)

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にこの条例による改正前の豊岡市営駐車場条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の豊岡市営駐車場条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年3月28日条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日条例第11号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年9月30日条例第41号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にこの条例による改正前の豊岡市営駐車場条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の豊岡市営駐車場条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成28年12月27日条例第53号)

(施行期日)

1 この条例中第1条の規定は平成29年3月12日から、第2条の規定は同年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の豊岡市営駐車場条例別表第2の規定は、この条例の施行の日以後の入場に係る使用料について適用し、同日前の入場に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(令和元年12月25日条例第39号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にこの条例による改正前の豊岡市営駐車場条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の豊岡市営駐車場条例の相当規定によりなされたものとみなす。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

豊岡市営市役所北駐車場

豊岡市中央町128番地の1

豊岡市営中央駐車場

豊岡市中央町28番地の1地先

豊岡市営豊岡駅前駐車場

豊岡市大手町3番地の11

豊岡市営城崎温泉駅前駐車場

豊岡市城崎町今津290番地の36

豊岡市営城崎鴻の湯駐車場

豊岡市城崎町湯島608番地の1

豊岡市営城崎木屋町駐車場

豊岡市城崎町湯島376番地

豊岡市営江原駅東駐車場

豊岡市日高町江原106番地の8

豊岡市営江原駅西駐車場

豊岡市日高町江原109番地の6

豊岡市営出石西の丸駐車場

豊岡市出石町内町87番地の6

豊岡市営出石庁舎南側駐車場

豊岡市出石町内町1番地

豊岡市営出石鉄砲町駐車場

豊岡市出石町鉄砲1番地の2

別表第2(第3条、第6条、第8条、第9条、第16条関係)

駐車場の名称

入退場時間

区分

駐車料金

摘要

車両の種類

料金の種類

時間帯

豊岡市営市役所北駐車場

午前8時から午後10時まで

普通自動車

駐車料金

午前8時から午後10時まで

30分ごとに100円

 

午後10時から午前8時まで

2,000円

豊岡市営中央駐車場

午前7時から午後10時まで

普通自動車

駐車料金

 

(1) 30分ごとに100円。ただし、30分未満は無料とする。

(2) 前号の規定にかかわらず、1日(24時間ごとを1日とする。以下同じ。)の最高限度額は1,000円とし、駐車時間が1日を超える場合の駐車料金は、1日を超える利用時間30分ごとに100円を加算する。

 

定期駐車券

 

1月5,800円

1年以内

準中型自動車

中型自動車

大型自動車

駐車料金

 

(1) 30分ごとに200円。ただし、30分未満は無料とする。

(2) 前号の規定にかかわらず、1日の最高限度額は2,000円とし、駐車時間が1日を超える場合の駐車料金は、1日を超える利用時間30分ごとに200円を加算する。

 

定期駐車券

 

1月11,600円

1年以内

豊岡市営豊岡駅前駐車場

終日

普通自動車

駐車料金

 

(1) 30分ごとに100円。ただし、30分未満は無料とする。

(2) 前号の規定にかかわらず、1日の最高限度額は1,000円とし、駐車時間が1日を超える場合の駐車料金は、1日を超える利用時間30分ごとに100円を加算する。

 

定期駐車券

 

1月8,000円

1年以内

準中型自動車

中型自動車

大型自動車

駐車料金

 

(1) 30分ごとに200円。ただし、30分未満は無料とする。

(2) 前号の規定にかかわらず、1日の最高限度額は2,000円とし、駐車時間が1日を超える場合の駐車料金は、1日を超える利用時間30分ごとに200円を加算する。

 

定期駐車券

 

1月16,000円

1年以内

豊岡市営城崎温泉駅前駐車場

城崎鴻の湯駐車場

城崎木屋町駐車場

終日

普通自動車

駐車料金


(1) 30分ごとに100円。ただし、30分未満は無料とする。

(2) 前号の規定にかかわらず、1日の最高限度額は2,000円とし、駐車時間が1日を超える場合の駐車料金は、1日を超える利用時間30分ごとに100円を加算する。


豊岡市営江原駅東駐車場

江原駅西駐車場

終日

普通自動車

駐車料金

 

(1) 30分ごとに100円。ただし、30分未満は無料とする。

(2) 前号の規定にかかわらず、1日の最高限度額は300円とし、駐車時間が1日を超える場合の駐車料金は、1日を超える利用時間30分ごとに100円を加算する。

 

定期駐車券(江原駅東駐車場に限る。)

 

1月5,000円

1年以内

豊岡市営出石西の丸駐車場

出石鉄砲町駐車場

終日

自動二輪車

駐車料金

 

1回につき200円

 

普通自動車

駐車料金

 

1回につき400円

 

準中型自動車

中型自動車

大型自動車

駐車料金

 

1回につき1,200円

 

豊岡市営出石庁舎南側駐車場

終日

自動二輪車

駐車料金

 

1回につき200円

 

普通自動車

駐車料金

 

1回につき400円

 

豊岡市営駐車場条例

平成17年4月1日 条例第148号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 設/第2章 都市計画・公園
沿革情報
平成17年4月1日 条例第148号
平成17年6月30日 条例第227号
平成17年12月27日 条例第260号
平成18年6月28日 条例第43号
平成20年12月22日 条例第52号
平成22年12月20日 条例第42号
平成23年12月20日 条例第40号
平成24年6月27日 条例第35号
平成25年3月28日 条例第5号
平成26年3月28日 条例第11号
平成27年3月27日 条例第6号
平成28年9月30日 条例第41号
平成28年12月27日 条例第53号
令和元年12月25日 条例第39号