○豊岡市立円山川防災センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年4月1日

規則第21号

(休館日)

第2条 防災センターの休館日(以下「休館日」という。)は、豊岡市の休日を定める条例(平成17年豊岡市条例第2号)第2条第1項の市の休日とする。ただし、市長は、特に必要があると認めるときは、休館日を変更し、又は臨時の休館日を定めることができる。

(開館時間)

第3条 防災センターの開館時間は、午前9時から午後4時30分までとする。ただし、市長は、特に必要があると認めるときは、その時間を変更することができる。

(使用期間)

第4条 研修室等の使用期間は、3日を超えることができない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用許可の申請)

第5条 条例第4条第1項の許可を受けようとする者は、円山川防災センター使用許可申請書(様式第1号。以下「使用許可申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、防災センターの展示室の見学をしようとする者は、見学者名簿(様式第2号)に氏名等を記載することにより前項の使用許可申請書に代えることができる。

3 使用許可申請書は、防災センターを使用しようとする日の属する月の3月前の月の初日(月の初日が休館日に当たるときは、休館日の翌日。以下同じ。)から使用しようとする日の3日前までの間に受け付けるものとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(許可書の交付)

第6条 市長は、防災センターの使用を許可したときは、円山川防災センター使用許可書(様式第3号。以下「許可書」という。)を当該申請者に交付するものとする。ただし、防災センターの展示室の見学については、この限りでない。

2 使用者は、防災センターを使用するときは、許可書を係員に提示しなければならない。

(行為の禁止)

第7条 条例第10条に規定する防災センターの管理上支障がある行為は、次に掲げる行為とする。

(1) 火災、爆発その他の危険を生ずるおそれがある行為

(2) 騒音又は大声を発し、暴力を用い、その他他人の迷惑になるおそれがある行為

(3) 建物等を汚損し、損傷し、又は滅失させるおそれがある行為

(4) 所定の場所以外の場所での飲食又は喫煙

(5) 所定の場所以外の場所への立入り

(6) 物品の販売(市長の許可を受けた場合を除く。)

(7) 広告類の掲示又は配布(市長の許可を受けた場合を除く。)

(8) 前各号に掲げるもののほか、市長が防災センターの管理上支障があると認める行為

(市長の指示)

第8条 市長は、防災センターの秩序の維持上又は管理上必要があると認めるときは、使用者に対し、必要な指示をすることができる。

(汚損等の届出)

第9条 使用者は、建物等を汚損し、損傷し、又は滅失したときは、直ちにその旨を円山川防災センター汚損等届(様式第4号)により係員に届け出て、指示を受けなければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の円山川防災センター管理規則(平成11年日高町規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

豊岡市立円山川防災センターの設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年4月1日 規則第21号

(平成17年4月1日施行)