第15回 豊岡全国かな書展

  
 15回記念を迎えた今年は、全国28都府県から5,630点の応募をいただき、第15回記念賞を加えた入賞、入選作品3,924点を展示しました。この他、歴代の文部科学大臣賞及び仲田光成記念賞作品や仲田光成作品を、また、特別企画として絵手紙90点も展示しました。

 14日(土)には文部科学大臣賞をはじめ、地元小中学生の上位入賞者や兵庫県立豊岡総合高校書道部の皆さんによる書の実演を行いました。最終日には但馬地域地場産業振興センターで表彰式を執り行いました。

会期 平成27年11月13日(金)~11月15日(日)
会場 豊岡市立総合体育館

(作品をクリックしていただくと画像が大きくなります。)
一般の部
文部科学大臣賞 川崎 艸菫
いざ歌へ我立ち舞はむぬば玉のこよひの月にいねらるべしや 
何事もうつりのみゆく世の中に花は昔の春にかはらず(良寛の歌 二首)
仲田光成記念賞 谷岡 妙子
庭草にむら雨ふりてひぐらしのなく声きけば秋はきにけり(柿本人麿)
兵庫県知事賞 木村 英一
夏草は茂りにけれどホトトギスなど我宿に一声のせぬ(新古今第六代醍醐天皇)
他一首
兵庫県教育委員会賞 野島 トシ子
み渡せば松の葉しろき吉野山幾よをつめる雪にかあるらむ(拾遺集 平兼盛)
 第15回記念賞 長沼 幸蘭  
こゑあげてなにをうたはむ枯草に小菊すこしが咲きまじる山(尾上柴舟)
 神戸新聞社賞 森田 由香  
雪ふれば木ごとに花ぞ咲きにけるいづれを梅とわきて折らまし(紀友則の歌)
他一首
但馬文化協会長賞 山本 佳世
夕ぐれはいづれの雲のなごりとて花たちばなに風の吹くらむ(藤原定家)
他二首
豊岡市長賞 谷岡 凌風
歎けとて月やはものを思はするかこちがほなるわが涙かな(西行の歌)
他一首
豊岡市長賞 中島 京子
梅がえの花のありかをしらねども袖こそにほへはるの山風(宮内卿)
高校生の部
兵庫県知事賞 林田 晴佳
わが宿の池の藤なみ咲きにけり山郭公いつかきなかむ
兵庫県教育委員会賞 三上 こころ
右大臣の御うたあはせに…(臨 香紙切) 〔部分〕
第15回記念賞 小山 剛平
おもいつゝねればや人のみえつらんゆめ…(小野小町) 〔部分〕
神戸新聞社賞 田村 彩音
城の崎にて 山の手線の電車に跳ね飛ばされて… (志賀直哉)
但馬文化協会長賞 鈴木 このか
なかつかさがしふねのひのべにいでてけふひきつ 〔部分〕
豊岡市長賞 田﨑 愛
白露も時雨もいたくもる山は下葉のこらず色づきにけり
学生の作品を見る  
審査委員長    田宮 文平 氏