「文楽人形」
稲垣 久治(いながき ひさじ)
 1919年城崎郡日高町栗山(現豊岡市)に生まれる。1934年京都に出て染色業の見習いをしながら、水彩画、南画を学ぶ。1939年頃、兵庫県で小学校専科図工科教員になる。戦後は京都に出て教鞭をとる。時を同じく洋画に転向。1952年光風会に初入選。同年秋の日展にも初入選、日展、光風会展と発表を続けた。晩年は光陽会展に出品し、1970年光陽会展賞受賞。同会員となる。1976年教職を辞した後は、現代洋画精鋭選抜展、フランスのル・サロンやサロン・ドートンヌなどで入選を重ね、ル・サロンでは永久会員となった。
 題材には特にバラを、さらに文楽、舞妓、野仏などを好んで取り上げ、光を巧みに使用した静謐感あふれる作品が多い。それはまさに、豊かに張りつめた作家自身の精神の輝きなのかもしれない。
作品を見る
略年譜
1919年   兵庫県豊岡市日高町栗山に生まれる。
        兵庫県・大阪府・京都市で小・中学校教諭を経る。
1934年   京都で南画・水彩画を学ぶ。
        1950年洋画に転向。
1952年   第9回光風会展「読書」(水彩)で初入選。第8回日展に「読書」で初入選。
1953年   第9回日展に「つるバラ」で入選。
1955年   第12回日展に「裸婦」で入選。
1963年   京都市美術展で市長賞受賞。
1970年   第18回光陽会展で光陽賞受賞、同会員となる。
1973年   フランス美術大学に短期留学。
1976年   第5回現代絵画精鋭選抜入選。
1978年   フランスのル・サロン展で名誉賞を受ける。光陽会委員に推挙される。
1979年   フランスのサロン・ドートン展入選。フランスのル・サロン永久会員に推挙される。
1980年   フランス美術賞展(オンフルール展)入選。現代洋画精鋭選抜展銀賞受賞。
        以降1982年まで連続銀賞受賞。
1990年   11月6日、71歳で逝去。