「川辺」
1949-50年
杢田 たけを(もくた たけを)
 1910年豊岡市に生まれる。中学校を卒業後、日本画家の祖父の影響で日本画をはじめる。のちに洋画家須田国太郎に師事する。1936年第5回独立展に初入選、以後同会に出品を続ける。1947年第15回独立展で独立賞を受賞。1949年同会会員に推挙される。1963年上京。朝日秀作美術展、日本国際美術展、現代日本美術展などにも出品。
 初期には穏やかな田園風景を多く書いたが、のちに前衛的な制作に移行した。
 1987年8月8日、77歳で逝去。
作品を見る
略年譜
1910年   豊岡市に生まれる。
        日本画家でもあった祖父(僧侶)の影響で、幼少より絵を描き、画家への志望強し。
1928年   日本美術学院の小泉勝爾先生に日本画を学ぶ。
        川端龍子の洋画より日本画に転向の初期の作風に共感する。
1930年   日本画から洋画に転向する。父の工場を手伝いながら作画に熱中する。
        そのころより鉄による造形を試みる。
1933年   島雄健、西垣武男、上田村雄氏を知り啓発される。
1936年   第5回独立展初入選。以後、毎回出品。須田国太郎先生に知遇を得て師事する。
1946年   応招(岡山部隊)奇跡的に一命を保つ。
1947年   第15回独立展(独立賞受賞)。
1949年   第17回独立展。独立美術協会会員推挙。
1953年   第2回日本国際美術展。
        東京に移住。
1954年   第1回現代日本美術展(東京・上野美術館 5回迄招待出品)。
        個展(北海道各都市・以後毎年開催)。
1955年   第3回日本国際美術展(東京・上野美術館 6回迄招待出品)。
1957年   朝日選抜秀作展。
1960年   日本美術展(サクラメント・クロッカー美術館)。
1967年   現代日本作家展(サンフランシスコ・ロシクルーシャン美術館)。
1974年   現代日本美術選抜展。
1976年   木版画集(不夜城・可愛花シリーズ刊行)。
1977年   版画集(少女礼讃刊行)。
1978年   4人展(東京・ギャラリー21・江田豊・坂元善三・白野文敏・杢田たけを)以後毎年開催。
1980年   作品集刊行(300部限定)。
1983年   木のかたちとエスプリ展(埼玉県立近代美術館)。
1987年   77歳で逝去。
        他に各地で個展を多く開催。