「市場の風景」
1954年
後藤 孝三(ごとう こうぞう)
 1910年豊岡町(現・豊岡市中央町)に生まれる。早稲田大学政経学部に進学し、昭和7年に卒業。卒業すると、戦前まで京都の島津製作所に勤務するが、敗戦による航空機産業の廃止とともに会社を辞め、郷里の豊岡に帰る。帰郷後は、旧制豊岡中学校、豊岡高等学校で社会や美術科の教師を勤める傍ら、幼い頃から好きだった絵画制作に熱中する。1950年、40歳の時、油彩画で独立美術協会展に初入選し、以後連続9回の入選を果たす。1953年に独立美術協会展連続入選の功績が認められ、独立美術協会会友に推挙される。1954年に関西独立美術展で最高賞の関西独立賞を受賞。1965年には日本美術家連盟会員となる。1968年に豊岡高等学校を退職し、その後は一層画業に専念し、以後6回の個展を開催する。
作品を見る
略年譜
1910年   兵庫県豊岡町(現・豊岡市中央町)に生まれる。
1932年   早稲田大学政経学部卒業。
1947年   旧制豊岡中学校 社会科教諭として着任。
1948年   豊岡高等学校 社会科教諭として着任。
1950年   第18回独立美術協会展初入選、以後連続9回入選<。
1951年   第2回豊岡市美術展で市長賞受賞。
1952年   第3回豊岡市美術展で議長賞受賞、以後招待作家として出品。
1954年   関西独立美術展で最高賞の関西独立賞受賞。
        豊岡高等学校 美術科教諭へ担当教科を変更。
1965年   日本美術家連盟会員。
1968年   豊岡高等学校を退職。
1973年   63歳で逝去。
1974年   第1回遺作展を開催。
1975年   第2回遺作展を開催。
1999年   第3回遺作展「想 後藤孝三展」を豊岡市民会館3F市民ギャラリーにて開催。