「寿」
1975年

森田 子龍(もりた しりゅう)
 1912年豊岡市に生まれる。1932年頃より制作を始め、1937年、上田桑鳩の知遇を得て上京、「書道芸術」の編集に携わる。同年第2回大日本書道院展にて推薦金賞、特選銀賞第一席受賞。さらに翌1938年、第3回大日本書道院展でも推薦金賞受賞。日満支書道展においては文部大臣賞受賞と華々しいデビューを飾る。戦後は書の啓発普及、革新を目指し、「書の美」、「墨美」、「墨人」といった書雑誌を発刊、さらに同士を募り「墨人会」を結成、書壇に新しい風を吹き込んだ。中でも、「墨美」、「墨人」の発刊は書と国内外の抽象画家たちとの活発な交流を生み出し、森田氏の存在が海外でも広く知られるきっかけとなった。
 表面的な字形に捕らわれない生命感にとんだ<墨象>という新しい世界を切り開いた森田氏だが、その根底には、書の根源的な伝統を求めて深く古典を学び、王義之、大燈国師らから受け継いだ高い精神力があったと言える。
作品を見る
略年譜
1912年   兵庫県豊岡市に生まれる。
1937年   上田桑鳩門に入り、東京に移る。第2回大日本書道院にて推薦金賞(最高賞)を受賞。
1938年   日満支書道展にて文部大臣賞受賞。
1948年   雑誌『書の美』を創刊。1952年まで刊行。
1950年   京都にて、京大教授の井上勉、久松真一の指導を仰ぐ。
1951年   雑誌『墨美』を創刊。
1952年   井上有一らとともに墨人会を創立。雑誌『墨人』を創刊。
1953年   サロン・ド・オクトーブルに招待出品、海外へ初出品となる。
        以後、各地の国際展へ多数出品・受賞して東西文化の交流に尽くし、多角評価されている。
1968年   NHKの「婦人百科」で書道を担当。
1971年   自選作品集『子龍』を墨美社より刊行。
1975年   個展小集『森田子龍の書』を刊行。
1978年   京都府より美術工芸功労者として表彰を受ける。
1980年   京都市より文化功労者として表彰を受ける。
1981年   雑誌『龍門』を創刊。
1995年   兵庫県文化賞を受賞。
1998年   12月1日、大津の自宅にて逝去。86歳。
2000年   紺綬褒章受章。