「活(漁船)」
1971年
加藤 美代三(かとう みよぞう)
 1912年豊岡市に生まれる。京都市立絵画専門学校在学時の1931年第12回帝展に初入選、画壇へのデビューを果たす。その後も、帝展、日展と官展系画檀に発表の場を求めた。卒業後は絵画専門学校時代の恩師でもあった日本画家・中村大三郎に師事。戦後は同じく絵画専門学校時代の教授であった西山翠嶂に師事。さらに翠嶂亡き後は、志を同じくする塾生と共に研究グループ「朴土社」(後に朴土グループ)を結成、翠嶂の甥、西山英雄に指導を仰ぎ、京都日本画壇の隆盛に貢献した。
 写生を重視し、一貫して風景画に取り組んだその作品は、表面だけの写生ではなく、自然の真実の相を見事に捉え、風景そのものが作家の心情を発露していると言っても良いだろう。
作品を見る
略年譜
1912年   豊岡市小田井町に生まれる。
1931年   第12回帝展に初入選。
1932年   京都絵画専門学校本科を卒業。中村大三郎に師事。
1947年   中村大三郎逝去後、西山翠嶂に師事。
1951年   第7回日展で白寿賞を受賞。
1952年   第8回日展で特選・朝倉賞を受賞。
1955年   日展出品委嘱(以後10回以上)。京都秀作美術展出品。
1958年   朴土グループ結成。西山英雄に師事。
1985年   京都画壇日本画秀作展に招待出品。
1988年   城崎温泉極楽寺に水墨四季襖絵46枚、六曲一双屏風4点を納入。
1990年   第5回京都画壇日本画秀作展に招待出品。
1994年   出雲大社京都分院客殿に作品納入。
2000年   東京松屋銀座・高島屋にて個展開催。
2001年   紺綬褒章受章。
2010年   豊岡市に絵画25点を寄贈、受贈記念展がじばさん但馬にて開催される。
2011年   白寿記念展が開催される。(豊岡市)紺綬褒章受章。
2012年   100歳で逝去。