○豊岡市職員の身元保証に関する規則

平成17年4月1日

規則第27号

(趣旨)

第1条 この規則は、職員の身元保証に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「職員」とは、次に掲げる者を除き、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条に規定する一般職に属する職員をいう。

(2) 臨時的に任用された職員

(3) 地方公務員法第28条の4第1項、第28条の5第1項又は第28条の6第1項若しくは第2項の規定により採用された職員

(身元保証書の提出)

第3条 新たに職員として採用された者は、その採用の日から1月以内に身元保証人(以下「保証人」という。)を定め、身元保証書(別記様式)を任命権者に提出しなければならない。

(保証人の数)

第4条 保証人の数は、2人とする。

(資格要件)

第5条 保証人は、相当の保証能力を有する者で、任命権者が適当と認めるものでなければならない。

2 次に掲げる者は、保証人となることができない。

(1) 年齢が25歳に満たない者

(2) 破産者で復権を得ないもの

(3) 成年被後見人又は被保佐人

3 保証人のうち1人は、当該職員と生計を異にする者でなければならない。

4 現に職員の保証人となっている者は、他の職員の保証人となることができない。

(保証人の変更等)

第6条 職員は、保証人が死亡その他前条に定める資格要件を欠くに至ったとき、又は保証人を変更しようとするときは、直ちに、新たな保証人を定めなければならない。

2 職員は、提出した身元保証書の記載事項に異動を生じたときは、任命権者に届け出なければならない。

(身元保証の期間)

第7条 身元保証の期間は、5年以内で市長が定める期間とする。

(特例)

第8条 任命権者は、必要があると認めるときは、保証人の変更を命じ、又はその資格要件に例外を認め、若しくは身元保証を免除することができる。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の職員の身元保証に関する規則(昭和32年豊岡市規則第5号)又は北但行政事務組合職員の身元保証に関する規則(平成7年北但行政事務組合規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年4月1日規則第38号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月27日規則第48号)

(施行期日)

1 この規則は、平成25年1月1日から施行する。

画像

豊岡市職員の身元保証に関する規則

平成17年4月1日 規則第27号

(平成25年1月1日施行)