日本・モンゴル民族博物館facebook
日本・モンゴル民族博物館 事務局だより


 
 
■ 第78回企画展は豊岡市但東町「高橋地域」にスポットをあてます。 ■
もっと詳しく
第78回企画展
「公文書と資料からみる近代の高橋村」
展示資料解説会
を開催しました。
 今回の企画展担当学芸員が、展示資料の見どころ、これまであまり知られることのなかった旧高橋村にまつわる様々な出来事を、できるだけ詳しくわかりやすく解説する「展示資料解説会」。何故そのような事態へと至ったのか、当時の世界・国内情勢、村内の人たちのようすなど、その時々の時代背景を踏まえて各展示資料について逐一解説を加えていきました。
 当時、村内を二分する騒動となった「分村決議」史料や、かつて大陸の旧満州国に渡った「第十三次大兵庫開拓団」に関して今回あらたに公開展示した資料など、今年8月末と9月末の2度にわたって開催した説明会には、内外から約50名余のみなさんが参加。たいへん熱心に当館学芸員の解説に耳を傾けていただきました。博物館の地元・豊岡市但東町を構成していた旧3村のうち、昨年の「資母村」そして今年の「高橋村」、来年は唯一残る「合橋村」の郷土史について特集展示を行う予定としています。
 
■ 博物館前が“ちびっこ広場”に… ■
 もとより、博物館前の芝生広場はちびっ子たちが自由に安心して遊べる場所として親しまれてきましたけれど、ちびっ子たちを特に惹きつけるような施設はこれといって何もありませんでした。でも今回、地元の資母地区区長会と博物館協力会のみなさんが、カラフルな「幼児向け遊具」をプレゼントしてくれました。
 遊具の組立設置が完了したこの日は、地元の資母認定こども園のちびっ子たち約30名をまねいての「遊び初め」。お天気も良くて気持ちいい風が吹き抜けるなか、グリーンの芝生に鮮やかなカラーリングの遊具はとても映えて、ちびっ子たちはこぞって2本のすべり台を代わるがわる降りてみたり、オレンジ色のトンネルカーブをくぐりぬけたりして、とても楽しく遊んでくれました。
 博物館からは、ささやかな感謝のしるしに「おやつ」をプレゼント。これからも博物館へ、いっぱいいっぱい遊びに来てね〜。
 
■ 2018モンゴル友好訪問団研修生をお迎えしました ■
 豊岡市はモンゴル国と行き来する相互交流を行っており、平成30(2018)年には、モンゴル国の中学生世代の子どもたちを中心に構成された友好訪問団9名のみなさんをお迎えしました。
 9月28日(金)から10月3日(水)までの5泊6日間、モンゴルの中学生世代の少年少女研修生6名と成人引率者3名、計9名から成る友好訪問団をお迎えし、市内一般家庭にホームステイさせてもらいながら、各所で様々な研修や異文化交流体験を行いました。来日前からとても楽しみにしていたという豊岡竹野の海でのシュノーケル体験は、折しも日本に接近中だった台風24号の悪影響を受け、危うく中止の憂き目に遭いそうになりましたが、雨の中なんとか実行できて大喜び!! 市立但東中学校での交流会も、同校生徒会の企画進行による膝を交えてのコミュニケーションゲームでうんと距離が近くなりましたし、豊岡特産コウノトリ米の国際的商戦の話を一緒に聴いて、思いは一気に世界へ飛び越えていました。市内4つのご家庭にお世話になったホームステイでは、いろんな場所へ一緒に出向いた様子で、帰りのカバンは来日時よりも格段に膨れ上がっていましたね。
 大陸にある草原の国モンゴルと周囲を海に囲まれた日本。気候風土、歴史、文化、人々の暮らしなど、何から何まで異なっているふたつの国ですが、お互い顔をあわせてしばらく一緒にいると、すぐに親近感がわいてしまう不思議な独特の感覚があります。豊岡のみなさんとふれあって、いったいどれほどの思い出を持って帰ってもらえたことでしょう。またいつか、どこかでお会いしましょう。
 
 
 ■ Google indoorviewで館内のようすをご覧いただけます ■
Google indoorview 日本・モンゴル民族博物館
 
 
 


■ お知らせ ■
【2019/04/05〜09】 モンゴル国NGO「発展のあゆみ基金」の方々をお迎え。市内地域コミュニティ活動と視察交流を。
【2019/03/03】 2019まるごとモンゴルひなまつりを開催し、多くの方々に来館いただきました。
【2019/01/27〜】 第77回企画展が始まりました。 
【2019/01/15〜】 市内各小学校2年生児童を対象に連日出前授業へ出向。市外小学校からの来館受入も。
【2019/01/17】 神戸市内で行われたモンゴル国政府機関と兵庫県関係機関の交流会に参加しました。
【2018/11/13】 豊岡市但東町矢根「大石家古文書協同調査」に参加しました。
【2018/11/10】 大阪市西区・靭公園での「草原の風〜モンゴル秋祭り大阪2018」に出展参加しました。 
【2018/11/04】 「しぼ・モンゴル宝まつり」開催、博物館内外は多くの人たちで賑わいました。
【2018/09/28〜10/03】 2018モンゴル国友好訪問団が来日、市内各所で友好交流を深めました。
【2018/09/02〜】 第76回企画展が始まりました。
【2018/05/28〜06/01】 「トライやるウィーク」1名の但東中学校生徒さんを受入実施しました。
【2018/05/27〜】 第75回企画展が始まりました。
【2018/05/04〜05】 東京練馬・光が丘公園で開催の「ハワリンバヤル2018」へ出展参加しました。
【2018/03/04】 博物館イベント「まるごとモンゴルひなまつり2018」を開催し、市内外から大勢の参加者で賑わいました。
【2018/01/21】 第74回企画展が始まりました。
【2017/12/10】 第73回企画展関連イベント「トントン段ボール紙相撲大会・モン博場所」を開催しました。
【2017/11/05】 「しぼモンゴル宝まつり2017」を博物館内外周辺にて開催しました。
【2017/11/04】 「しぼモンゴル宝まつり2017」前日交流会を伝承文化体験交流館にて開催しました。
【2017/10/29】 大阪市西区・靭公園での「モンゴル秋まつり大阪2017」に出展参加しました。
【2017/10/24】 野球モンゴル代表U-15チームとの歓迎交流会(於・ホテルシルク温泉やまびこ)に参加しました。
【2017/10/23】 野球モンゴル代表U-15チームの面々が博物館を訪れてくれました。
【2017/10/01】 第73回企画展が始まりました。
【2017/09/04】 豊岡市役所に於いて第12回モンゴル友好訪問使節団員による帰国報告会を開催しました。
【2017/08/25】 大阪市内で開催されたモンゴル日本外交関係樹立45周年記念式典に参加しました。
【2017/08/07】 第12回モンゴル友好訪問使節団がモンゴル国から帰国しました。
【2017/08/05】 姫路城前にて開催されたイベントにブース出展参加しました。
【2017/07/31】 第12回モンゴル友好訪問使節団12名がモンゴル国へ出発しました。
【2017/06/04】 第72回企画展が始まりました。
【2017/05/03】 2017ハワリンバヤル(モンゴル春の祭典)に出展参加しました。
【2017/03/05】 開館20周年記念イベント「2017まるごとモンゴルひなまつり」を開催しました。
【2017/02/23】 お母さん山羊の「メイさん」が天国に召されていきました。
【2016/11/27】 「草原の風モンゴル祭大阪2016」に出展参加しました。
【2016/11/06】 「しぼ・モンゴル宝まつり」では市商工会但東支部青年部によるペットボトルツリー点灯も。
【2016/11/06】 「しぼ・モンゴル宝まつり」に在大阪モンゴル国総領事・D.デルゲルツォグト氏が来館されました。
【2016/11/06】 開館20周年記念イベント「2016しぼ・モンゴル宝まつり」を地域のみなさんと一緒に開催しました。
【2016/11/05】 開館20周年馬頭琴ライブ第3弾は“ゴビ伝説の馬頭琴弾き”ネルグイ&ドルジパラムの90分フルサイズライブ。
【2016/11/05】 博物館の礎を築いた金津匡伸さんを偲び詠まれた漢詩を地元有志のみなさんが詩吟でご披露されました。
【2016/11/05】 開館20周年記念講演でNPOしゃがぁ西村幹也さんにはありのままのモンゴル国についてのお話しを。
【2016/10/04】 2016モンゴル国友好訪問団が離日しました。 
【2016/10/01】 S.フレルバータル駐日大使を迎え、日本・モンゴル民族博物館開館20周年記念フォーラムを開催。
【2016/09/29】 2016モンゴル国友好訪問団が来日しました。
【2016/09/25】 第71回企画展が始まりました。
【2016/07〜08】 第70回企画展にちなみ開催の元・高橋開拓団員講話に大勢の方々が聴講に来館。
【2016/07/10】 博物館開館20周年記念〜福井則之 馬頭琴・喉歌トワイライトライブ〜を開催しました。 
【2016/06/26】 第70回企画展が始まりました。 
【2016/05/01】 2016ハワリンバヤル(モンゴル春の祭典)に出展参加しました。 
【2016/04/24】 博物館開館20周年記念〜嵯峨治彦 馬頭琴・喉歌ライブ〜を開催しました。 
【2016/03/06】 2016まるごとモンゴルひなまつりを開催。前年を上回る多くのみなさんにお越しいただきました。


日本・モンゴル民族博物館には、かつて2頭の山羊がいました。
名前は白いほうが「メイさん」、黒いほうは「サツキさん」。
「サツキさん」の名前は、博物館近くの資母小学校のみんなが名付けてくれました。
2頭は母娘(おやこ)でしたが、先頃、お母さんの「メイさん」が天国に召されました。
人なつっこくて可愛いかったお母さん「メイさん」と、ちょっと人間に対して腰が引け気味の素っ気ない娘「サツキさん」。
今は素っ気ない「サツキさん」1頭だけになっちゃって、いつも気丈な彼女もやや寂しそう…。
「メイさん」を偲んで、それほど仲良くもなかった母娘の日々をここでちょこっとだけご紹介。
「大寒波の日…」
「想定外のエサ!?」


 ■ Topics ■
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
 

JAPAN MONGOLIA FOLK MUSEUM
日本・モンゴル民族博物館
〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711
TEL/0796-56-1000  FAX/0796-56-1022
e-mail monpaku@city.toyooka.lg.jp
Copyright(C) Japan Mongolia Folk Museum All right reserved