TOPページ>もよおしガイド
 
■ 『しぼ・モンゴル宝まつり2018』を開催しました ■
 毎年秋恒例の「しぼ・モンゴル宝まつり2018」は、去る11月4日(日)博物館前広場をメイン会場に館内外周辺で開催されました。
 博物館前メイン会場内各テントブースには、地元・資母地域のみなさんによる農産物直売や食べ歩きバザーが軒を連ね、本場モンゴル料理や物産品販売など毎年この催しにお越しいただいている「モンゴル料理こぺん」さんが今年も大阪から出張しての出店。モンゴルの公立学校で実際に使用されている教科書や図書、玩具やパズルゲームなど、貴重な品々をいろいろ展示ご紹介いただきました。屋外ステージでは、子どもたちをはじめ地域のみなさんによる歌や踊りの発表披露、京都を中心に活躍される馬頭琴奏者・福井則之さんによる馬頭琴ライブも開催。華やかな音色の馬頭琴にのせてホーミーも披露され、来場者のみなさんはひととき、モンゴルの調べに耳を傾けていました。また、館内では地域のみなさんの力作・自信作がズラリと並ぶ文化作品展示が、美しいきものの展示会も行われたほか、日本ではなかなかお目に掛かれないモンゴル映画作品の上映も行いました。
 大勢のみなさんにご来場いただき、今年の「しぼ・モンゴル宝まつり」も大盛況のうちに閉幕しました。来年もまたこの賑いを心待ちにしたいと思います。ありがとうございました。
       
■ 『まるごとモンゴル雛まつり2018』を開催しました(2018.03.04) ■

この時季恒例の当館イベント「まるごとモンゴル雛まつり2018」。好天にも恵まれて、市内外から訪れた大勢の子どもたち、ご家族連れでとても賑わいました。モンゴルにひなまつりはありませんが、もしあったとしたら、こんな風にみんなで馬頭琴とか持ち寄って、歌や音楽できっと盛り上がるに違いありませんねぇ。
7回目を数える今回も、全国ツアー只中のモンゴル在野の馬頭琴名手A.ドルジパラムさん、屈指のドンブラ奏者L.クグルシンさんによる珠玉の民族音楽ライブをはじめ、館内には馬頭琴やホーミーの生音源が終日響くなか、お菓子釣りやモンゴルウールのヒツジマスコットづくり、馬頭琴演奏体験ワークショップ、民族衣裳の試着記念撮影など“まるごとモンゴル感”を即席で体験してもらえる企画が目白押しでした。いつも博物館イベントにご協力いただいているママさんグループのお力添えで、今回は麹(こうじ)を使った「あま酒」をふるまってもらいました。特に「柚子入りあま酒」は秀逸でしたね。
来年も「まるごとモンゴル雛まつり2019」で、みなさんのお越しをお待ちしています。きょうは多くのみなさんのご来館、ほんとにありがとうございました。

 
 

JAPAN MONGOLIA FOLK MUSEUM
日本・モンゴル民族博物館
〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711
TEL/0796-56-1000  FAX/0796-56-1022
e-mail monpaku@city.toyooka.lg.jp
Copyright(C) Japan Mongolia Folk Museum All right reserved