白亜紀後期の恐竜卵化石、アンモナイト、二枚貝、岩塩

   
 


新石器時代の細石器や石核、モンゴル帝国時代の考古資料も紹介していきます。

   
 
草原の暮らし(衣・食・住)や牧畜に必要な道具を、収蔵庫の整理に伴い随時紹介していきます。
   
 
タンカと呼ばれる仏画、仏具、法具、僧具から、草原に花開いたモンゴルのチベット仏教を紹介しています。
   
 
モンゴル四大画家(アムガラン・オドン・ツルテム)を中心とする近代絵画を主に、今後は若手芸術家の作品も随時紹介していきます。
   
 
オルドス文化の青銅器を中心に、漢・唐・遼・元代の陶磁器類も紹介しています。
   
 
主にイランで出土した彩文鉢、土偶、アムール鉢、ラスター彩などを紹介
   
 
発掘調査を終えた遺跡の出土品で、整理・報告の済んだものから徐々に紹介していきます。
   
 
山里の暮らしで使われていた生活資料