平成29年度 豊岡市第8回公売

以下のとおり公売を実施します。

公告日・公告番号 平成29年8月4日(金)  豊岡市公告第43号
公売財産 不動産10件
公売の場所 豊岡市役所本庁舎6階 会議室6-1,6-2(豊岡市中央町2番4号)
公売の方法 入札
公売日時 平成29年11月29日(水) 14時30分(受付は13時から14時まで)
売却決定の日時 平成29年12月6日(水) 10時
売却決定の場所 豊岡市役所税務課内
見積価額 物件ページに記載のとおり
公売保証金 物件ページに記載のとおり
代金納付の期限 平成29年12月6日(水) 15時
平成29年12月13日(水) 15時(次順位買受申込者が売却決定を受けた場合)
買受人の資格要件 下記のいずれかに該当する方は、豊岡市不動産公売に参加し入札することができません。また、(1)から(8)までに該当する方については、代理人を通じて参加することもできません。
(1)国税徴収法第92条または同法第108条第1項に該当する方
(2)豊岡市不動産公売ガイドラインに記載された事項を承諾または順守できない方
(3)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「法」という。)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)または法第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)
(4)暴力団員が役員(法第9条第21号ロに規定する役員をいう。以下同じ。)として、または実質的に経営に関与している事業者
(5)暴力団員を、業務に関し監督する責任を有する者(役員を除く。以下「監督責任者」という。)として使用し、または代理人として選任している事業者
(6)次に掲げる行為をした事業者(ただし、事業者が法人である場合にあっては、役員または監督責任者が当該行為をした事業者に限る)
 ア 自己若しくは自己の関係者の利益を図り、または特定の者に損害を与える目的をもって、暴力団の威力を利用する行為
 イ 暴力団または暴力団員に対して、金品その他の財産上の利益の供与をする行為
(7)上記(6)のアまたはイに掲げるもののほか、暴力団または暴力団員と社会的に非難される関係を有していると認められる行為をした者
(8)兵庫県が暴力団排除条例(平成22年兵庫県条例第35号)第27条に基づき氏名その他を公表した者
(9)20歳未満の方(ただし、親権者等が代理人として参加する場合を除く)
(10)日本語を完全に理解できない方(ただし、代理人が日本語を完全に理解できる場合を除く)
農地等物件によって買受人となる資格が制限されている場合、参加することができないことがあります。また、代理人による入札の場合、その代理権限を証する委任状が必要となります。
配当を受ける権利内容の申し出 この公売財産の換価代金について配当を受けることができる権利を有する者は、売却決定をする日の前日までに、債権現在額申立書によりその内容を当市税務課収税係まで申出てください。
その他重要事項 ・豊岡市は公売財産について瑕疵担保責任を負いません。
・豊岡市は不動産登記簿上の権利移転のみ行い、引渡しの義務を負いません。現状有姿による引渡しとなります。
・公売財産内の動産類やゴミなどの撤去に係る前所有者との協議、占有者の立ち退き、前所有者からの鍵の引渡等についても、すべて買受人自身で行っていただきます。
・地積はあくまで公簿上に記載された面積であり、実測と異なる場合があります。
・土地の境界については、所有権移転後に隣接地所有者と協議してください。豊岡市が協議の仲介等を行うことはありません。
・耕作中の農地については、今年の収穫物は耕作者または前所有者に帰属します。
・事情によって公売が中止となる場合があります。
・公売に参加いただくためには、物件ごとに公売保証金の納付が必要となります(納付の方法は現金に限ります)。なお、入札の結果買受人とならなかった場合は、公売保証金はお返しします。
・買受代金が納付され売却決定された後、所有権移転登記を行います。
・権利移転について必要となる費用(登録免許税・不動産取得税等)は買受人の負担となります。
・買受代金の納付期限について、必要があると認められる場合は30日以内の範囲で延長することがあります。
・豊岡市不動産公売ガイドラインもご一読願います。