1. ホーム >
  2. 市民学芸員活動レポート

とよおか市民学芸員活動レポート

 豊岡市に数多く残る歴史・文化遺産について学び、その知識や技術を市の文化財行政やまちづくりに活かしていただく「とよおか市民学芸員」。ここでは、その活動について随時ご紹介していきます。

2019-04-15 この茶の間でご飯が食べたい!

 「昔のくらし」プロジェクトもいよいよ大詰めです。
 今回はスポットライトの取り付け作業から開始しました。ライトの当て方で来館者の印象はずいぶん変わります。展示スペース全体を見る担当と、脚立に登ってライトの方向を調節する担当とに分かれて、声を掛け合いながら照明の調整をしました。
 続いて写真パネルの作成です。豊岡の昔なつかしい写真をプリントしたものを、パネルに貼っていきます。ノリの付いている薄いパネルに貼るのですが、気を抜くとしわができるので、息を止めて慎重に。写真パネルを壁面に貼るところまでしたかったのですが、壁の工事がまだ終わっていないため、レイアウトだけを決めました。
 やはり展示が完成に近づくと、みんなに見てほしくなるもの。10連休には交代で展示ガイドをすべく、みんなで日程調整をしました。次回はいよいよ完成です。その時は「みんなでこの茶の間でご飯を食べたい!」ですって。
照明の調整パネル作成

2019-04-09 銀山ボーイズに対抗心?

 今回は昔の道具を博物館の中に展示する作業です。業者の方に作っていただいた畳のスペースに、タンス・机・ちゃぶ台・柱時計・扇風機などを次々と展示していきました。生活感のある茶の間の姿が形になり、思い描いていた以上の出来栄えに、みなさん自画自賛。展示の様子は博物館がオープンしてからのお楽しみです。
 展示が出来上がって、ちゃぶ台の横で休憩しているメンバーに、「○○さん、そのままそこに座っとき。よう似合ってるわ。展示品みたいや」「生野の銀山ボーイズに対抗できるんちゃうか」と。さて、総選挙もあるのでしょうか。
 次回の活動は、博物館に保存してある豊岡の昔なつかしい写真を、まわりの壁に飾ろうという事になりました。またまたみんなの子ども時代の話がたくさん出てきそうです。

2019-03-14 北風が寒い!

 今日の活動は、先日リストアップした展示資料の清掃。倉庫から運び出して、外で汚れを落としました。タンスの引き出しを外して、隅々まで雑巾がけをしたり、桶のタガのゆるみを直したり、使い込んだ将棋盤の駒を一つ一つ磨いたり。
 最初、みんなの話題はたわいもないものだったのですが、だんだんとせつない話に。
「この町も人口が減ってきたし、核家族が増えた。どうなるのかなぁ。」
「ぼくらは今、昔の茶の間を再現しようとしとるんだけど、茶の間って大事やなぁ」などなど。
 皆さん次の世代に伝えたいことがたくさんある様子。ぜひ博物館の来館者にお話ししてください。
 今日は寒い外での活動、皆さんご苦労様でした。次はいよいよ館内に展示です。なつかしい茶の間が再現できるでしょうか。
展示資料の清掃展示資料の清掃

2019-03-02 プロジェクト始動!

 現在、博物館では展示リニューアルを行なっていますが、とよおか市民学芸員の皆さんに、ボランティアとしてご協力いただけることになりました。
 担当していただくのは「昔のくらし」という新しい展示コーナー。まずは、展示に使えそうな資料を探しに、博物館から少し離れた倉庫へ。あちこちの棚をのぞいては、使えそうな品をリストアップしました。
 作業をしながら、会話は子ども時代のテレビの話に。
「白黒テレビの画面の前に、下敷きのようなパネルをつけるとカラーのように見えた」「画面を大きく見せるための、水を入れるレンズのようなものがあった」などなど、いろんな話が飛び出しました。
 次回はリストアップした品を運び出し、展示するためきれいに掃除をする予定。今後も市民学芸員の活動を随時レポートします。
 どんな展示になっていくのか、どうぞお楽しみに!
展示資料さがし展示資料さがし

ページのトップへ戻る