1. ホーム >
  2. 博物館について

博物館について

 兵庫県豊岡市は、兵庫県北部に位置する人口約8万人の市です。山と海に囲まれたこのまちには、豊かな自然とともに、多くの文化遺産が残されています。博物館のある豊岡市日高町にも、天平13年(741)に聖武天皇が建てさせた但馬国分寺や、延暦23年(804)に移転をした但馬国府跡(祢布ヶ森遺跡)など、多くの歴史遺産が存在します。

 当館は、平成17年3月、祢布ヶ森遺跡に隣接する場所に「但馬国府・国分寺館」として開館し、開館から10年後の平成27年4月、豊岡市の幅広い歴史を活かす施設をめざし、「豊岡市立歴史博物館ー但馬国府・国分寺館ー」へと名称変更しました。
 そして平成31年4月、分かりやすく親しみやすい展示をめざし、常設展示のリニューアルを行ないました。過去から未来へ、歴史をつなぎ、歴史とつながり、歴史を通して人と人をつなげる。そんな場所でありたいと願い、日々活動しています。

博物館の概要

建築概要

  • 敷地面積 : 9,058.6平方メートル
  • 建築面積 : 1,464.4平方メートル
  • 延床面積 : 1,451.9平方メートル
  • 構 造 : 鉄骨造(一部木造)
  • 供用開始 : 平成17(2005)年3月26日

施設概要

平面図

館内平面図

ページのトップへ戻る