1. ホーム >
  2. 展示 >
  3. 第45回企画展

展示

第45回企画展「錦秋をまとう-歌舞伎衣裳にみる秋ー」

 江戸時代に娯楽として発展した歌舞伎。その人気は全国に広がっており、但馬地方は農民らが演じる農村歌舞伎がさかんな地域でした。山間部の多くの村では、さなぼり(田植え後の休み)や秋祭りの際に、若者らが神社や御堂で歌舞伎を披露していました。ふだん目にすることのないきらびやかな衣装は、見る人を楽しませたことでしょう。
 農村歌舞伎の多くは戦後しばらくして途絶えてしまいましたが、衣裳や小道具のほか、背景の襖絵や床本などが残されています。
 今回の展示では、但馬に残されている歌舞伎衣裳の中から、秋を感じさせるものを選りすぐって紹介します。舞台衣装ならではの華やかさと季節感をご堪能ください。

■会 期
平成30年10月5日(金)~12月27日(木)
■会 場
豊岡市立歴史博物館-但馬国府・国分寺館-企画展示室
■展示構成と主な展示資料
(1)かつて歌舞伎がさかんだった豊岡(パネル)
(2)衣裳の種類(パネル)
(3)衣裳
【楓】
  • 赤地通天橋に楓文様打掛
【菊】
  • 赤地菊籬文様打掛
  • 紺地菊唐草文様羽織・着付
【桔梗】
  • 浅葱地桔梗文様肩衣
【秋草】
  • 紫地秋草扇面色紙散らし文様打掛
【南天】
  • 紫地南天文様振袖   など
ページのトップへ戻る