1. ホーム >
  2. 展示 >
  3. 第44回企画展

展示

第44回企画展「学芸員のおしごと」

 一般の方にはあまり馴染みのない言葉かも知れませんが、学芸員とは博物館などで働く専門的な職員のこと。その仕事内容は、資料を集め、調査研究し、それを展示するなど多岐にわたります。
 今回の展示では、歴史博物館の学芸員が実際に使用する道具や、仕事を進める上で必要となる特殊な技術など、知られざる学芸員の世界を紹介します。

■会 期
平成30年7月13日(金)~10月2日(火)
■会 場
豊岡市立歴史博物館-但馬国府・国分寺館-企画展示室
■展示構成と主な展示資料
(1)集める
  • 発掘調査で使用する道具
  • 古文書調査で使用する道具 ほか
(2)調べる、整理・保存する
  • 遺物実測図
  • 実測道具 ほか
(3)展示する
  • 女代南遺跡弥生土器復元資料
  • 中谷貝塚剥ぎ取り標本 ほか
■関連事業
(1)体験教室「学芸員になろう!」
日 時
平成30年7月28日(土)午後1時30分~
会 場
豊岡市立歴史博物館 総合学習室
内 容
土器を作って、自分の作品を企画展示室に展示します。学芸員のしごとのひとつ「展示」を体験してみませんか。
定 員
10名(申込み先着順)
参加費
310円
その他
作品は8月下旬にお渡しします。
ページのトップへ戻る