1. ホーム >
  2. 展示 >
  3. 第42回企画展

展示

第42回企画展「ふるさとの宝もの-三方・清滝・西気地区の文化遺産-」

 豊岡市立歴史博物館では、昨年度より、市内に残る後世に伝えるべき「ふるさとの宝もの」を調査し、各地域ごとに展示しています。本年度は、神鍋高原とその麓に広がる三方・清滝・西気地区に残る文化遺産を紹介します。
 市内随一の多雪地域に生きる人々が、どのような文化遺産を育んできたのか。再発見のひとときをお楽しみください。

■会 期
平成30年1月5日(金)~4月10日(火)
■会 場
豊岡市立歴史博物館-但馬国府・国分寺館-企画展示室
■主な展示資料
(1)いのり
  • 姫谷遺跡の木製祭祀具(三方/野区)
  • 大岡寺文書(清滝/山宮区)
  • 数珠くりの大数珠(三方/伊府区)
(2)往来・交流
  • 相撲番付表(三方/猪子垣区)
  • 男山伊兵衛 化粧まわし(三方/知見区)
  • 達磨画像(西気/栗栖野区)
(3)治める
  • 小山1号墳出土遺物(清滝/十戸区)
  • 伝楽々前城出土茶湯釜(三方/佐田区)
  • 定書き(西気/水口区)
(4)自然
  • 写真パネル(神鍋山火口、栃本の溶岩瘤、万場の大ブナほか)
■関連事業
(1)「ふるさとの宝もの」展示解説
日 時
平成30年3月10日(土)午後1時30分~
会 場
豊岡市立歴史博物館 企画展示室
内 容
展示を担当した学芸員が、各地域で調査した成果をまじえながら、分かりやすく解説します。
その他
予約は不要です。聴講には入館料が必要です。
(2)山椒みその焼きおにぎりを作ろう!
日 時
平成30年3月25日(日)午前11時~
会 場
豊岡市立歴史博物館 総合学習室
参加費
200円(材料代)
内 容
三方・清滝・西気地区には、大晦日の夜に山椒みその焼きおにぎりを食べて貧乏神を祓う風習が残っているところがあります。貧乏神を祓って、新たな年度を迎えましょう!
定員
20名
申込先
0796-42-6111(申込先着順)
ページのトップへ戻る