1. ホーム >
  2. 展示 >
  3. 第39回企画展

展示

第39回企画展「ふるさとの宝もの-日高地区の文化遺産-」

 豊かな自然や歴史をもつ豊岡市には、後世に伝えるべき多くの文化遺産があります。しかし、普段はなかなか見ることができないもの、あるいは知らずにいるものも多いのではないでしょうか。
 豊岡市立歴史博物館では、市内をいくつかに区切り、それぞれの地域にある「ふるさとの宝もの」を調査し、展示していくこととしました。まず今年度は、博物館が所在する日高地区に残る文化遺産をご紹介します。円山川の水運や街道といった交通の要衝であった日高地区が、どのような歴史を歩み、どのような文化遺産を育んできたのか、再発見のひとときをお楽しみください。

■会 期
平成28年12月2日(金)~平成29年3月21日(火)
■会 場
豊岡市立歴史博物館-但馬国府・国分寺館-企画展示室
■主 催
豊岡市教育委員会
■主な展示資料
(1)いのり
  • 久田谷銅鐸
  • 但馬国分寺跡軒瓦
  • 進美寺文書
  • 井田神社の奉納相撲絵馬
(2)芸能
  • 久斗文楽のかしら、衣裳、床本
  • 鶴岡大神楽の獅子舞のかしら、天狗面
(3)治める
  • 楯縫古墳出土鉄刀、刀飾
  • 税関係木簡
  • 連生寺の院宣
(4)自然
*写真パネル
  • オオサンショウウオ、ヒダサンショウウオ
  • 久刀寸兵主神社のケヤキ
  • 井田神社社叢
  • 稲葉川の溶岩流
■関連事業
  1. 文化財絵画展
    日 程
    平成29年1月5日(木)~2月21日(火)
    場 所
    豊岡市立歴史博物館 総合学習室
    内 容
    日高東中学校の生徒が描いた、日高地区に所在する寺社・石碑などの文化財の絵を展示します。
ページのトップへ戻る