植村直己冒険館ロゴ画像 タイトルロゴ画像
冒険家植村直己について
植村直己冒険賞について
植村直己冒険館のご案内
タイトル画像
タイトル画像2 タイトル画像3
イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
旅人ナビ画像
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 




  このコーナーでは、旅の途中、当館にお立ち寄りいただいた皆さんを紹介しています。

      全国を旅するみなさん、冒険館でひと休みしていきませんか・・・。


2018年(平成30年)



3月9日
5月11日@
5月11日A
5月13日
5月15日
5月22日

   バックナンバー ⇒ 2017年2016年2015年2014年2013年 2012年
                2011年 2010年2009年2008年2007年2006年
                2005年               

スクーターバイクで日本一周だ!!   平成30年5月22日
 本日、星が大好きすぎる『星空案内人』の小山くんが冒険館へ来てくれました。小さな頃から夜空の星をこよなく愛している彼は、大阪出身の30歳。住み慣れた大阪の宙も好きだけど、旅先で観る夜空はスケールが大きくて「星の数が半端ないです!最高です!」と、特に岡山県の『美星町』がおすすめと教えてくれました。
彼の旅は、31歳の誕生日に『自分のお店』をオープンするため、そしてその前に見聞を広めたいから…4月16日出発し…真っ先に香川県三豊市の父母ヶ浜の『天空の鏡』を目指しました。そこから日本一周の旅へ!
高校を卒業した18歳から地元大阪で、飲食業(居酒屋さん・某トレンド飲食店・バル)一筋でこの3月まで仕事されてきました。ほとんど休みなく働き続けてきたけど「辛いと思ったことがない。」、「仕事が楽しくてしょうがないんです。」…天職なんだと…、一緒に働くメンバーに恵まれきたことやお客さまと出会うことを心底楽しんできたことを教えてくれました。「毎日、お客さんが100人ぐらい来るお店でしたが、その中に1人は旅人がきますよ!(笑)」とも。その旅人つながり、冒険館もあやかりたいですね!(笑)
旅先で、星を楽しむだけじゃなく、未来の『自分のお店』でお客さまに出したいお酒を吟味し、気に入ったお酒をストックされています。お店の構想もどんどん膨らんでいるそうで、これまで立寄ったお店の中で一番感慨深かったのは『波輝カフェ』だそうです。「何もかもが素敵です!」と、何より前オーナーの心が彼を引きつけたそうで、ここで働きたいと本気で思ったそうです。『波輝カフェ』は広島県呉市にある広島市民賞を受賞された故・冨恵(とみえ)さんのお店です。戦争を知らない若者たちに原爆の怖さや平和の大切さを知ってもらうために、「語り部の会」が毎月6日に催されているそうです。
後ろ髪を引かれる思いで呉市を旅だったあと、山口県を渡り、九州に入り長崎県の佐世保市で体調不良のピンチを迎えます。ツイッターにその時の気持ちを載せると、野宿するテントの外に「レッドブルのエナジードリンクが!!」、その瞬間嬉しさで元気になっちゃったそうです。誰かがそっと応援してくれていることに感謝の気持ちが溢れてきたと…ええ話やなぁ…。そんな彼は、8月には大阪に戻り、お店の準備を始めるそうで来年の5月(誕生月)が待ち遠しいかぎりです。「この旅で出会った人たちに来てもらえるような店にします!」と次の目的地へ旅立っていかれました。
オープンしたら冒険館にご連絡ください!お店に行きますね! いい旅を! (S・M)
上に戻る

クロスバイクで日本一周の旅 〜 『ダぁ』つながり 〜   平成30年5月15日
 歩いて日本一周を目指す北澤くんと休憩に寄った村岡のコンビニでたまたま出会い、旅の話に花が咲いて敷地くんは冒険館に足を運んでくれました。旅人つながりで当館を訪ねてくれて本当に嬉しいかぎりです。
彼の旅は、平成30年3月10日の寒い中、実家の黒潮町を出発し、高知→大分→九州一周→大分→高知→愛媛→しまなみ海道→広島→山口→島根→鳥取→豊岡、5月15日に冒険館へ。1日平均70qと軽快に進んできたものの最近はペースを落として楽しみながら旅を続けていると笑顔で答えてくれました。
20歳のとき高知の高専を卒業し愛知で働いた。でも『旅をしたい』その気持ちを温めながら1年半資金を貯めていざ冒険の旅へ!!小学生のときにいろんな所へ行きたいとワクワクした気持ち。高専在学中に一人旅の計画を立て実行に移せなかった悔しさとひょっとしたらもう少し行動すれば実現できるんじゃないかという期待を内に秘めて…それが今現実のものとなって…そのワクワク感・充実感が凄く伝わってきました。
フェリーで渡った九州大分で初野宿をしたとき、山あいのキャンプ場で犬に吠えられて寝れなくて…トラウマに。山より海の近くで寝泊まりするようになったことやパンクが続いて困ったことなど、どれもいい思い出に。
冒険館までの道のりで感慨深い場所ナンバー1は、観光名所でもある鹿児島県与論島の百合ヶ浜!幻の白い砂浜が干潮時にだけ現れる素敵な場所です。コバルトブルーの海に真っ白な砂浜の写真を見せてもらいましたが最高に美しかったと。ナンバー2は、山口県長門市の元乃隅稲荷神社の鳥居で、そこに辿り着くまでの坂は結構堪えたけれど岸壁にある鳥居や海の景色を見ると疲れがとんだと。次は内陸に入り琵琶湖一周が何より楽しみだと。話は尽きなかったですが、今日の目的地の琴引浜へ旅立っていかれました。
これから日本海側を北上して北海道を回り、太平洋側を下っていくルートで最終的には11月上旬に実家に帰る予定だそうです。何よりも次の旅の目標がふつふつと沸いているそうで、世界を旅したいと力強く答えてくれました。
頑張れ敷地くん!いい旅を! (S・M)
上に戻る


冒険館ステイ   平成30年5月13日
北澤さんが出発を予定していた今日は、朝から雨…一日降り続きました。冒険館で2泊を予定していた前林夫妻とともに、もう一泊冒険館にとどまることに。テラスでゆったりと、また図書コーナーで思い思いに本を読んだりと、冒険館ステイを楽しまれていました。
来館されたお客さまから質問を受ける場面も…。動く展示物?として一役買っていただきました。
 翌日は、出発にふさわしい抜けるようなさわやかな青空。そんな中、北澤さんは北向きに、前林夫妻は南向きにそれぞれの目的地に向かって出発していきました。
 意気揚々と出発する姿を、旅の安全を祈りながら見送りました。楽しい3日間をありがとうございました。
                               いってらっしゃーい! (M・O)
上に戻る


歩いて日本一周 〜俺は20歳 トホダァ〜だ!〜   平成30年5月11日A
 前林夫妻が今か今かと到着を待っていた方は歩いて日本一周を目指す北澤秀平さん(20歳:茨城県)。平成29年4月16日に実家のある茨城県を出発。11月まで行動し、その後、冬の間、野沢温泉のホテルでアルバイトをし、今年5月3日に再スタートを切りました。
 お父さんが植村ファンで、お父さん自身も過去に日本徒歩縦断をはじめとする数々の冒険をされたそうです。そのDNAは、北澤さんにしっかりと受け継がれ、勧められたわけではなく、高校卒業後、自分で日本一周の旅に出る進路を選びました。決心するまではいろいろな葛藤もありました。実家の工務店を継ごうか、でもこのまま継ぐべく、その道に進めばいつかきっと挫折するんじゃないかと不安になったり。
考えているうちに「若いうちの1年や2年、くれてやる!」そう思ったそうです。
 また、お父さんに勝てるものは何かと考えたときに、小さいころからお父さんの旅の話を聞いて育ったこともあり、超えられるとしたら旅≠ナはないかと…。しかし実際に旅に出てみて、確かに距離では勝てたかもしれないけれど、人間的にはやっぱりかなわない、余計にお父さんの大きさを感じたそうです。
 1日30〜40qを歩きます。歩き始めた初めの頃、砂浜にテントを張ったことがあり、起きてみるともう波がそこまで来ていてヒヤッとしたことも。
 夏日のような暑い日、暑さでバテバテになっていた時に、小さな男の子が、キンキンに冷えた炭酸飲料をくれたそうです。これにはもう感激したと。
旅のテーマの一つは、「断らないこと」。そうすることでいろいろな出会いと経験が積み重ねられていきます。本当にたくさんのエピソードを持っていて、引き出しの豊富なこと。
そして、福井県の道の駅で出会ったのが前林夫妻。冒険館に行くことを勧められました。冒険館で合流しようと約束をして別れたそうです。一瞬ですれ違うこともあり一瞬で出会うこともある、これが旅の醍醐味ですね。
北澤さんの人柄でこの先もいろんな素晴らしい出来事が起こりそうです。
またここで旅の話を聞くことを楽しみに待っています。   (M・O)
上に戻る

夫婦で日本一周 OneWordプロジェクト “ありがとう”と言おう!   平成30年5月11日@
 東京から夫婦で日本を巡る旅に出発した前林裕也さんと友絵さん。裕也さんは、冒険館では、たびたび登場する旅人で、どんぐりフラッグの生みの親でもあります。
 このたび結婚され、今度は奥さんになられた友絵さんと一緒に旅に出ることになりました。旅に出ることに決めたのは裕也さんからではなく、友絵さんから“一緒に走ってみたい”との提案だったそうです。
 4月21日に東京を出発したお二人。北陸まで北上し、日本海側を通って冒険館まで。出発した頃は、初めて自転車で走る友絵さんを気遣い、走行距離を1日30qに留めていました。しかしながら、友絵さんはチャリダーハイ↑?
とにかく前に進みたいという思いもあったようですが、今はだんだんと慣れてきてバランスをとりながら一日の行動をとっているそうです。
 11日、夕方に冒険館に到着し、食事の準備。その日のメニューは、カレーです。ご飯を炊く裕也さん、野菜を切る友絵さん。旅も1か月近く経てば、手際よく進みます。
 目的地の1つとしていた冒険館、安堵の表情の友絵さんが印象的でした。重い荷物を降ろしてホッとしていただける場所になってうれしく思います。
 そしてカレーを準備して、ある人の到着を待っていたようです。福井県の道の駅で知り合った歩き旅の北澤秀平さんです。この日は、3人で話が尽きず夜遅くまで語っていたようです。
 お二人は、この後、奥さんの実家がある広島へと進みます。次の目的地に向かって、また最も安堵できる場所に向かってペダルをこぐ足も軽く感じることでしょう。
笑顔を大切にするお二人の旅はまだまだ続きます。(上に続く…)                (M・O)
上に戻る


日本一周行脚    平成30年3月9日
今日立寄られた旅人は、2017年3月7日に地元の東所沢市から歩いて日本一周の旅がスタートされた山田政磨さんです。日本の景色を見るのが好きで始められた旅。着ぐるみを着ながら日本を歩いている人を知り、その影響もあったとのこと。『日本の絶景を皆様へ』をコンセプトに、ニコニコ動画で徒歩で“こたつ日本一周”を配信しながら旅をされています。
以前、鉄道徒歩日本一周もされていた山田さん。海岸線だけでなく、様々な本山や一宮神社、観光地などをまわり、日本の絶景を届けられています。
千葉→茨城→福島→宮城→岩手→青森→北海道、その後日本海側を降りて、11月11日に福知山まで到達。一時中断。2018年3月1日に中断地点福知山から再出発。
来館日は、雪がチラチラ降る寒い中、やぶの道の駅から冒険館へ来てくださいました。これから神鍋、鳥取方面へ。山陰を経由して九州入りし、時計回りで九州を南下。鹿児島から沖縄へと渡り、最西端最南端を攻略。九州に戻った後は時計回りに北上し、本州へと戻った後は山陽を通って淡路島を経由して四国入り。四国ではお遍路しつつ時計回りに一周。本州に戻ったあとは兵庫→大阪→奈良→大阪と継投しつつ、紀伊半島を一周。三重の伊賀あたりから京都入りし、京都市街地観光。滋賀→岐阜と通り、岐阜から北上してから去年行かなかった富山の南部を通ってから岐阜→愛知→静岡と東海地方を進んで神奈川へ。神奈川から東京、東京から山梨、山梨では富士山周りを一周しつつ、山梨→静岡→長野と通り、そこから新潟→福島→栃木→群馬→埼玉でゴールという順に旅を進められるそうです。
旅の中で、人の優しさ、温かさを改めて感じている。つらい時に助けられたり、声をかけてくれたり、応援してくれたり、食べ物の支援など、本当に有難い。
日本縦断された植村直己や他の方の冒険をみていると、“自分はまだまだだな。ただただすごい!”と山田さん。
これまでの旅で印象に残っている場所は、東日本大震災の被災地だそうです。思ったより全然復興が進んでない。被災地の方々の人の温かさに感動した。とおっしゃられていました。
今回の日本一周行脚は二年間の期間を目標にされています。
今後は自転車、バイク、車で日本中を周りたい。そして、海外へも行ってみたい。と今後の挑戦も話してくださいました。
これからもたくさんの出会いや経験を大切に充実した旅をしてくださいね。(M・M)
上に戻る
戻る


 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.