冒険家植村直己について
植村直己冒険賞について
植村直己冒険館のご案内
植村直己冒険賞とは 2013受賞者の紹介
歴代受賞者の紹介 選考委員の紹介
イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785 
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 

 
NEW 2013「植村直己冒険賞」授賞式・記念講演会を開催


盾と記念メダルを受け取り記念撮影に応じる田中幹也さん(左)と中貝市長
  6月7日(土)、日高文化体育館に2013「植村直己冒険賞」受賞者の田中幹也さん(48歳・東京都)を
 迎え、18回目となる授賞式を開催しました。
  西木正明選考委員の選考評に引き続き、中貝市長から盾とメダルを受け取ると、田中さんは、 「この賞がもらえてよかったです。本当にありがとうございました。」と受賞の喜びを語りました。
  また、「厳冬季カナダを生きぬく〜雪と氷の2万2千キロ踏破〜」と題した記念講演も行われ、約750人の観衆を前に田中さんの氷原を突き進む過酷な行動や凍傷になった写真などが映し出され、極寒の冒険の厳しさにくぎ付けになりました。最後に「興味があることは結果を考えずトライしてほしい」と自身の経験を踏まえ、参加者に呼びかけられました。
  また授賞式終了後には、植村直己さんの出身地区である国府地区公民館に会場を移動し、「受賞者を囲む会
 」が開催されました。地元有志や植村さんの同級生など約100人が心のこもった手料理で田中さんをもてなし、
  授賞式では聞くことができなかった話などで大いに盛り上がりました。

             2013「植村直己冒険賞」受賞者が決まりました!  

 受賞者   田中 幹也 (たなか かんや) さん 

 冒険名   厳冬カナダで自身の可能性に挑み続け19年・2万2千キロ踏破
   3月18日、第18回目となる2013「植村直己冒険賞」の受賞者発表を植村直己の母校で
 ある明治大学紫紺館(東京都千代田区)で行いました。
  2013年中に日本人が挑んだ213件の冒険行の中から、厳冬カナダで自身の可能性に挑み続け
 19年・2万2千キロを踏破した田中幹也さん(48歳、東京都在住)に決定しました。

  会見の様子は、植村直己の母校、豊岡市立府中小学校にも中継され、6年生がお祝いの
  メッセージを贈りました。  

↑受賞の喜びを語る田中さん


↑府中小学校6年生が
会見の様子に見入った



【選考結果】 西木正明選考委員
 動力を一切使わず、厳しい冬のカナダに挑戦し続
けた強い精神力、その姿に人々は共感し、また無限
の可能性を追い続けてこられた部分を評価した。

【田中さんの喜びのコメント】
 冒険の結果よりもその過程を評価していただいた
ことをうれしく思います。挑戦の過程で全力が出せ
たか、出せなかったを重視し、到達点ではなく達成
感を求めてこれからも冒険をつづけていきます。

【府中小学校の子どもたちからのメッセージ】
 厳冬カナダの約2万キロをスキーや自転車で踏破
されるなど冒険のスケールの大きさにびっくりしま
した。私たちも田中さんのように、自分の力を限界
まで出し切ることのできる心を持ち続けていきたい
です。
2013「植村直己冒険賞」受賞者の紹介


(写真提供:田中 幹也)

 田中 幹也 (たなか かんや)
 ・1965年(昭和40年) 生まれ 
 ・東京都在住  
 ・冒険家

 中学生の時より登山を始め、難度の高いクライミング
に挑戦。25歳の時クライミングに限界を感じ、冒険の世
界に足を踏み入れる。1995年から18回カナダの内陸を舞
台に自分自身に挑戦し続ける。
 2013年は、カナダ中央平原南部200キロを山スキーで
踏破。1995年初めて冬のカナダに足を踏み入れてから毎
冬のように訪れ、山スキーや自転車、徒歩による踏破を
続け、踏破距離は約2万2千キロにも及ぶ。
◆田中幹也さん カナダ冒険歴
エリア 移動手段 距 離(km)
1995年 7〜12月 北部ノースウェスト準州 自転車 8000
1996年 3〜5月 イエローナイフ雪上生活 自転車 3000
6〜10月 ロッキー山脈 徒歩 1500
11〜12月 ロッキー山脈 自転車 1500
1998年 1〜4月 ロッキー山脈 山スキー 500
1999年 1〜5月 ロッキー山脈 山スキー 800
2001年 1〜2月 東部ラブラドル半島 自転車 1200
4月 セルカーク山脈 山スキー 20
2002年 1〜5月 ロッキー山脈南部 山スキー 1200
2003年 1〜2月 ロッキー山脈 山スキー 200
2005年 3〜4月 ロッキー山脈 山スキー 200
2006年 3〜4月 中央平原ウィニペグ湖 山スキー 200
2007年 1〜3月 中央平原ウィニペグ湖 山スキー 400
2008年 1〜3月 中央平原南部 自転車 1200
2009年 2〜3月 中央平原北部 自転車 900
2010年 2月 中央平原北部 自転車 900
2011年 2月 中央平原ウィニペグ湖 山スキー 100
2013年 2月 中央平原ウィニペグ湖 山スキー 200


  
 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.