イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785 
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 


   
冒険家植村直己について
植村直己冒険賞について
植村直己冒険館のご案内
植村直己冒険賞とは 2009受賞者の紹介
歴代受賞者の紹介 選考委員の紹介
イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785 
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 

 

NEW

      2009「植村直己冒険賞」授賞式・記念講演会を開催


▲盾と記念メダルを受け取り記念撮影に応じる中西さん(左)と中貝市長

       6月5日(土)、日高文化体育館に6月5日、日高文化体育館に2009「植村直己冒険賞」受賞者の
     中西大輔さん(40歳・川西市在住)を迎え、14回目となる授賞式を開催しました。
       西木正明選考委員の選考評に引き続き、中貝市長から盾とメダルを受け取ると、中西さんは、
     「憧れの植村直己さんの賞を受賞でき感無量です。」と受賞の喜びを話しました。
       また、「夢への挑戦〜自転車から見た130カ国〜」と題した記念講演も行われ、約850人の観衆を前に
     映像を使って11年にわたる出会いや冒険の足跡をエピソードを交えながら話をしました。
       授賞式終了後には、植村直己さんの出身地区である国府地区公民館に会場を移動し、「受賞者を囲む会」が
     開催されました。地元有志や植村さんの同級生など約100人が心のこもった手料理で中西さんをもてなし、
     授賞式では聞くことができなかった話や植村直己さんの思い出話などで大いに盛り上がりました。

      豊岡市ホームページ


    2009「植村直己冒険賞」受賞者決定!!
 

   
    受賞者 中西 大輔
(なかにし だいすけ)さん   39歳

     冒険名  自転車で地球2周15万キロ走破


           中西大輔ホームページ

  2月12日、第14回目となる2009「植村直己冒険賞」の受賞者発表を植村直己の
 母校である明治大学紫紺館(東京都千代田区)で行いました。
  2009年中に日本人が挑んだ194件の冒険行の中から、自転車で11年かけ地球を
 2周した中西大輔さん(39歳・兵庫県川西市在住)に決定しました。
  会見の様子は、植村直己の母校、豊岡市立府中小学校にも中継され、6年生25名が
 お祝いのメッセージを贈りました。



↑受賞の喜びを語る中西さん



↑府中小学校6年生が
会見の様子に見入った
【選考結果】 西木正明選考委員
ひたすら自分の足でペダルをこぎ続け、とてつもない距離を移動してきた中西さんの継続力に感銘を受けた。

【中西さん喜びのコメント】

 尊敬する植村直己さんの素晴らしい賞をいただき深く感謝しています。また、11年間支えてくれた日本の友人・知人、そして旅先で出会った世界中の友人に感謝しています。

 【府中小学校の子どもたちからのメッセージ】
自転車で世界一を目指すなんて自分たちにはとても考えられません。
ぼくたち、私たちも中西さんのチャレンジ精神を見習って、自分の夢や目標に向かって頑張って努力できる人になりたいです。

           2009「植村直己冒険賞」受賞者の紹介
 

 【プロフィール】
 ・生年月日 1970年(昭和45年)3月6日
 ・兵庫県川西市在住
 ・小4で初めて自転車に乗る
 ・中学時代、父の影響を受けサイクリングで遠出するようになる。
 ・大学時代、サイクリング部に入部、日本各地や海外をサイクリング
 ・大学卒業後、6年間資金調達のため就職
 ・1998年7月23日海外へ出発
     
【冒険内容】
  小さい頃からの夢「6大陸走破、自転車で世界一周」の実現に向けて、1998年日本を飛び出した。
当初3年半ほどかけて、60ヵ国ほどを回る予定だったが、見知らぬ土地、見知らぬ世界、そして旅先で
めぐり合える人々との心のふれ合いを求めてペダルをこぎ続け、走っているうちに地球を2周していた。



訪問国130カ国 走行距離15万1849km (地球4周分)
チェーン15回取替え、タイヤ82本乗りつぶし、パンク修理300回以上
ペダル交換5回、サドル交換4回
アンデス山脈・オリンピカ峠 (2004) スーダンの砂漠にて(2007) 雨季のラオス(2009)
(写真提供:中西大輔)

 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.

   
 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.