冒険家植村直己について
植村直己冒険賞について
植村直己冒険館のご案内
植村直己冒険賞とは 2005年受賞者の紹介
歴代受賞者の紹介 選考委員の紹介
イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785 
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 

2005「植村直己冒険賞」受賞者の紹介
永 瀬 忠 志 さん 【ながせ ただし】(1956年生)
 10回目を迎えた2005「植村直己冒険賞」は、極地、山岳、海洋、空等の137件に及ぶ冒険情報の中から、植村直己さんの精神を受け継ぎ、人々に夢と希望を与え、勇気ある行動をされた永瀬忠志さん(大阪市東住吉区在住)に決定しました。
 永瀬忠志さんは、リヤカーを引き世界各地を自分の足で踏破されました。これまでの踏破距離は、4万3千kmに到達し、ちょうど地球一周分(赤道距離)を超える距離となりました。


≪歩き始めたきっかけ≫
 大学2年生の冬、バス車掌のアルバイトをしていて、中学生のスキー一泊旅行に同行した。民宿に着いて夕食後、中学三年の女の子と旅について話をしていた。その時「今度また、どこか歩くの?」と聞かれ、つい、「今度は世界だ!」と言ってしまった。女の子はケラケラ笑っていたが、「今度は世界だ」と言った、この一言が頭から離れなくなってしまった。この約束を果たしたいと思った。この一言から私の身体と心は「世界を歩く」という目標に向かって突進を開始した。<著書「Go!!豪大陸 田吾作号の冒険」から抜粋>

≪冒険の概要≫
 1975年から30年かけリヤカーを引き、世界各地を徒歩踏破。それまでの距離は4万107キロになり、地球赤道一周距離に到達した。2005年は、再度リヤカー(田吾作ジュニア3号)を引き、1975年に行った日本縦断と同じルートで、お世話になった人へのお礼を兼ねて、北海道から鹿児島まで3,000キロを79日かけて踏破した。

≪選考の経過≫
 1975年に日本縦断をはじめてから30年にわたり、リヤカーを引き世界各地を歩き続けた。特にアフリカ大陸縦横断の際には、リヤカーごと盗難に会い冒険を断念せざるをえなかったが、7年後に再度同じルートを歩き成功させた。2005年には、最初に日本縦断を行ったルートと同じルートを歩き、30年前にお世話になった人を再び訪ね当時のお礼を言うなど、冒険中の交流も大事にしている。以上のことなどが評価され、受賞となりました。
◆永瀬忠志さんの冒険歴

場  所 距 離(km)) 日 数(日)
1975年 日本徒歩縦断 3,200 70
1978〜79年 オーストラリア大陸徒歩横断 4,200 100
1982〜83年 アフリカ大陸徒歩横断 6,700 216
1987年 韓国徒歩縦断 466 11
1988年 スリランカ徒歩横断 360
1988〜89年 台湾徒歩縦断 536 14
1989〜90年 アフリカ大陸徒歩横断・サハラ砂漠徒歩縦断 11,100 376
1992年 ジャワ島徒歩横断…成らず 253
1995年 マレー半島徒歩横断 408 11
1996年 南インド徒歩横断 562 18
1997年 パラワン島徒歩縦断 414 11
1998年 モンゴル徒歩縦断 864 25
1999年 タイ北部徒歩横断 596 15
2000年 タクラマカン砂漠徒歩縦断 590 11
2001年 紀伊半島徒歩横断 155
2001年 カラハリ砂漠徒歩縦断 591 14
2003〜04年 南アメリカ大陸徒歩縦断 8,800 266
2004年 沖縄島徒歩一周 312
2005年 日本徒歩縦断 3,000 79
総踏破距離・日数 43,107 1,266

30年前のたびでお世話になった人たちにお礼を言いながら再び日本を歩いた。
  (2005年8月、日本徒歩縦断中、大分県にて)
サハラ砂漠の砂にめり込んだ重いリヤカーを前から引きずるように引く。
(1990年3月、サハラ砂漠徒歩縦断中、アルジェリ アにて)
 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.