冒険家植村直己について
植村直己冒険賞について
植村直己冒険館のご案内
植村直己冒険賞とは 2016受賞者の紹介
歴代受賞者の紹介 選考委員の紹介
イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785 
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 


選考委員の紹介

石毛 直道 氏 [いしげ なおみち] 
国立民族学博物館 名誉教授
 京都大学文学部卒業。甲南大学助教授、国立民族学博物館助教授、教授を経て、1997年〜2003年まで国立民族学博物館長。農学博士。
 専攻は、民族学。ニューギニア、タンザニア、リビア、東南アジア各地などで現地調査に従事。著書には、『食生活を探検する』『リビア砂漠探検記』『食卓の文化誌』『食卓文明論』など多数。



椎名 誠 氏 [しいな まこと]
作 家
 1979年より、作家活動に入る。著作は私小説をはじめ、SF作品、エッセイ、ルポ、写真集、絵本作品、対談集と多岐にわたる。旅の本も多く、パタゴニア、シベリア、メコン、アマゾンなどへの探検、冒険ものなどを書いている。 代表作には、『犬の系譜』(吉川英治文学新人賞)、『アド・バード』(日本SF大賞)、『草の海・モンゴル奥地への旅』などがある。



西木 正明 氏 [にしき まさあき]
作 家
 早稲田大学探検部時代のアラスカ遠征を皮切りに、四半世紀にわたる探検・冒険人生を送る。探検・冒険の範囲は、地球のほぼ全域に及ぶ。
 平凡出版社を退職後は、作家活動に入り、1980年、デビュー作『オホーツク諜報船』で日本ノンフィクション賞新人賞を受賞。その後、『凍れる瞳』で直木賞、『夢幻の山旅』で新田次郎文学賞をそれぞれ受賞している。



山極 壽一 氏 [やまぎわ じゅいち]
京都大学総長
 京都大学大学院理学研究科助教授、教授を経て、2014年10月より現職。京都大学理学博士。日本霊長類学会会長、国際霊長類学会会長を歴任。
 アフリカ各地でゴリラの行動や生態をもとに初期人類の生活を復元し、人類に特有な社会特徴の由来を探っている。
 著書として『京大式おもしろ勉強法』(朝日新聞出版)、『「サル化」する人間社会』(集英社インターナショナル)など多数。



  中貝 宗治 [なかがい むねはる]
兵庫県豊岡市長
 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.