冒険家植村直己について
植村直己冒険賞について
植村直己冒険館のご案内
植村直己冒険賞とは 2015「植村直己冒険賞」について
歴代受賞者の紹介 選考委員の紹介
イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785 
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 



植村直己冒険賞とは

植村直己冒険賞」は、植村直己さんの優れた人となりを後世に継

承するために設けたもので、自然を相手に創造的な勇気ある行動

をした人または団体に贈っています。

植村直己冒険館では、皆さんの近くにいらっしゃる冒険者の情報をお待ちしております。
たとえば、「となりのおじいさんは90歳なのに日本アルプスに登ったことがある」とか、「普通では考えられない冒険をしている人を知っている」など、周りでチャレンジされている方のどんな情報でも構いませんのでたくさんお寄せください。

「植村直己冒険賞」選考要項
1.名   称 「植村直己冒険賞」とする。
2.主   催 本賞は豊岡市が主催し、本賞に関する事務は、植村直己冒険館が担当する。
3.目   的 本賞は、世界的な冒険家である故植村直己氏の精神を継承し、周到に用意された計画に基づき、不撓不屈の精神によって未知の世界を切り拓くとともに、人々に夢と希望そして勇気を与えてくれた創造的な行動(業績)について表彰することを目的とする。
4.賞 の 対 象 極地、山岳、海洋、空等の自然を対象とし、日本または世界各地において、人間の可能性に挑んだ創造的な勇気ある行動(業績)を対象とする。
5.賞の対象期間 原則として、本賞の選考対象となる期間は、毎年1月から同年12月までの1年間とする。
6.賞の内容 受賞者は、毎年一個人または一グループ(団体)とし、賞としてメダルおよび副賞100万円を贈呈する。
7.受賞者の資格 (1) 日本人で現存者に限るものとし、年齢、性別は問わないものとする。
(2) グループ(団体)の場合は、日本人が主宰し、かつ中心メンバーであるものに限る。
8.選考の方法 「植村直己冒険賞」選考委員会を設置し、同委員会で選考する。
9.表   彰 (1) 受賞者の発表は、原則として毎年2月に行うものとする。
(2) 授賞式は、主催者が案内した日に行うものとする。
(3) 受賞者(グループ)には、直接主催者より通知する。
(4) 受賞者は、授賞式に出席し、受賞記念の講演を行うものとする。
10.特 別 賞 (1) 本賞に特別賞を設けることができる。
(2) 特別賞は、本賞の目的に照らし選考委員会の推薦により、授与するものとする。
(3) 受賞者には、賞として記念の楯を贈呈する。
 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.