冒険家植村直己について
植村直己冒険賞について
植村直己冒険館のご案内
植村直己の冒険 人物エピソード 略年譜
イベント情報
団体予約
植村直己冒険館職員のひとりごと
掲示板
植村直己冒険館
お問合せ:boukenkan@
city.toyooka.lg.jp
〒669-5391
兵庫県豊岡市日高町伊府785 
TEL:0796-44-1515 FAX:0796-44-1514
 



 
■いたずら好き■
「植村直己記念館」(文藝春秋)より

 子どもの頃から自然が遊び相手だった植村は、いつもポケットの中には虫やドングリの実が入っていました。小学校の時、授業の始まる前に友だちの机の引出しに虫を入れては驚かせていました。

 中学生になっても相変わらずヘビやカエルを持ち込んでは友だちを驚かせていました。

 高校生になっても、いたずらは続きました。入学当時、友だちに「卒業までに池の鯉6匹をストープで焼いて食べる」と宣言し、卒業までに、鯉6匹を友だちと一緒に食べてしまいました。


□Back Number□
[1] 「直己」の由来
 

当ホームページ上のコンテンツ(ドキュメント、データ、画像、映像、音声等)の著作権は文藝春秋及び植村直己冒険館に帰属します。承諾がない限り、閲覧目的以外にダウンロードあるいは複製することを禁じます。もし違反がわかると罰せられますのでご注意ください。
Copyright(c) 2002 Uemura Naomi Memorial Museum. All rights reserved.